5/17

スペクトル系列について勉強した。

歴史について

http://www-math.mit.edu/~hrm/papers/ss.pdf

にあるようだ。層もスペクトル系列も同時に発明されたらしい。

LerayからSerreその後Grothendieckがどのようにスペクトル系列を使うに至ったかを知りたい。Grothendieck-Serre correspondenceに書いてありそうなので読んでみたい。

5/16

組み合わせや確率は高校でやる程度なら数え上げで解ける。そこを意識しないで色々な計算の仕方を教えてもあんまり意味がないのかなと思った。

ちゃんと写像を構成していることを意識させたい。

 

二重根号の話をした。

これに限らないが同じものを別のやり方で考えることで、見た目が違うものが結びつく話が好き。この話だとsin(\pi/12)をふた通りの補助線で計算する。一つは角の二等分線、もう一つは二等辺三角形

ところで二重根号が外せる条件は判別式でかける。共役とか判別式とかは実解か判定するという文脈でよくでてくるが、それ以外でもできるよという話もした。

  

三角形の合同の話をした。平行移動とか回転とか視覚化したい。

5/15

主成分分析について少し調べた。

  

線形代数の話。次元定理をやった。数学でこれが大事なのはいうまでもないが、実際に線形写像の核や像の次元を計算したいのはどのようなときか。

5/14

主成分分析の話をした。 

ところでRのplotはデータフレームを突っ込むと全部の組み合わせの散布図が出るが、行列を突っ込むと1,2列目の散布図のみが出るということを知った。

  

渡辺理論の勉強会。確率変数に関する議論をもう少しスムーズにできるようにしたい。測度論とか確率論を真面目にやったことがないから、これはどっかで一回真面目にやる必要がある。